銘仙の家 sec.B

 本施設は伊勢崎市にある。多くのガラス面を用いることで、閉鎖的になりがちな高齢者施設に、またその入居者に対して、質の良いにぎやかさと生きる素晴らしさを呼び込めるよう意図した。

道路側に面した西側の窓廻りには、ガラス面の内側に1200×2570Hのスライディングルーバーを設け、光やプライバシー調整するとともに、エアーフローによって窓廻りの環境を簡易なダブルスキンを構成し、良好な療養環境をつくりだしている。

竣工2012
所在地gunma isesaki
構造S3f
面積823.34㎡㎡
構造設計エスフォルム
設備設計アーク環境設計