出逢いの家 〜光と風が通るサロンを内包した三世代が集う家〜

 たくさんのお客様を迎えられる家を建てたいという、しっかりとしたコンセプトのお持ちのクライアントだった。3世代が一緒に暮らすご家庭で、光と風が通り、そして夢のある家を好まれた。

 住居建物を敷地奥の東に配置し、南面に大きな窓開口を設け、南の隣家の竹林や木々を借景とした、庭を設けた。その手前に車庫棟を配置することで、西側道路から視線を遮ることができ、中庭的な要素を持つ。訪れる人が、『あの向こうはどうなっているの?』と思うことだろう。

 中庭を通り少し奥まったところに玄関を配置し、ステンドグラスの扉をあけると、北面いっぱいに広がった窓開口からやさしい光がこぼれてくる。カリンの床の色と、白壁にクライアント好みの緑のデザインが、訪れる人にやさしさを与えてくれる。サロンは、大きなテーブルが2つおけるスタイルで、ここでたくさんの人と出逢ってほしい。中庭のデッキにはシャードネットで夏期の光を遮ぎることができ、サロンが室内から室外へと広げられる。 

竣工2011
所在地gunma takasaki
構造W2f
面積166.16㎡㎡
構造設計LIVEARC
設備設計LIVEARC