端気の家 〜外とつながる空間〜

クライアントの要望は、「小さくて必要な部屋だけがある、現代的で和風な家」であった。前橋北部に位置するこの敷地は、周辺に畑が多く残り、クライアントのもう一つの願いである家庭菜園を行うのに最適な場所である。
大きな庭と家庭菜園をいかに建物の中に持ち込むかが本計画のメインの課題であった。和室とDKの空間の廻りに廊下と縁側を配置し、その外側に軒の深いテラスをつくることでこの問いに答えた。また、駐車スペースとポーチに建物と一体の屋根をかけることで外部道路から庭への連続性を確保した。
その結果、小さながら贅沢な空間構成となり、クライアントの忙しい毎日の生活にゆとりを感じられる空間となった

竣工2006
所在地gunma maebashi
構造W1f
面積117.30㎡㎡
構造設計LIVEARC
設備設計LIVEARC