HOME > Works > MEDICAL+WELFARE > ケアホームつばさbackLinkIconLinkIconnext

ケアホームつばさ

2011 saitama kamikawa W1f 337.72㎡ 構造設計:シェルター  設備設計:アーク環境設計

 本計画地は、交通の便もよく、西に群馬県藤岡市、北に埼玉県上里町、東に埼玉県本庄市に囲まれた、将来の人口増加、さらなる活性化が期待できる土地でもある。そしてクライアントで社会福祉法人が経営する、美里町にある障害者支援施設グリーンヒル美里から、車で15分の距離にあり、施設からのバックアップもできる、好条件の立地である。
 9人という障害者の方が、共同生活介護(ケアホーム)を受けながら、生活する空間である。Vの字に配置された住居は6.7帖の個室とし、その中央をリビング、ダイニング、キッチンの場とした。そして、その正面に大きな窓面を設け、たくさんの光とパワーを注ぎ込んでほしい。高天井であるがための、夏と冬の空気の流れと太陽熱の遮断と利用をできるような仕組みも組み込んだ計画である。また、主構造を木構造とし、コンクリートに囲まれた冷たい空間でなく、温かい木目に囲まれた家庭的な空間を目指した。ここで暮らす方が、やさしい気持ちを持ちながら過ごせる空間でありたい。