HOME > Works > HOUSE > 石灰石の家〜ポストモダン建築〜backLinkIconLinkIconnext

石灰石の家 〜ポストモダン建築〜

2008 tochigi sano RC2f 389.07㎡   構造設計:新設計  設備設計:石井設備設計


 リビングは既存の建物部分にも20帖を超える空間があり、和庭園を全面とし夏の避暑地的な空間である。(古い木造のためすきま風がある。)この家を訪れてくれる人は、多様でいろいろなおもてなしをしたいとのことで、まったく異空間の 応接間 を求められた。また、奥様の洋館への想いから、ファサードは、明治初期の洋館をイメージした建物を、内部空間はあまり華美になることなく、落着きを表現した。
 現代建築に歴史的様式のデフォルメによるスクラップを施し、円、円弧を利用するポストモダン的な建物である。

 外壁には、RC躯体の上に、グラスウールによる外断熱を施し、通気層を設けて、ライムストーン(石灰石)を乾式工法で貼った。内部空間は、大理石、石灰石と、ローズウッドの木材を、壁には突き板材として、床には無垢フローリング材として使用した。素材の色や表情の経年変化が、楽しみでならない

 大きなエントランスを吹き抜けとし、展示スペースを設けた。コレクションの美術品を飾っていただきたい。また、新しい応接間と既存のリビングを結ぶ廊下には、飾り棚とその反対側の窓外に、水庭を配置した。訪れる客人は、もしかしたら、リビングへ辿り着けないかもしれない。

 外構計画には、和風の門の脇に、車の出入りの可能な大きな鉄扉門を設け、その周りを緑で飾った。白樺の木が立ち並ぶ石畳みのアプローチには、先代から伝わるライオンの水口から小川が流れ、水の音色がここちよい。

 石灰石の白壁の家は、今、たくさんの緑に囲まれ、どっしりと落ち着き、時の流れとともにたくさんの表情を表現しつつ、これからも家族に、楽しく、ゆらぎのある時間を与えてくれるであろう。